FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【リタイヤ】信越五岳トレイルレース 2011

速報通り、6A 81.0kmを21時30分に通過するも

・膝の痛み、脚が完全に売り切れてしまって動かない。歩けるが普段の生活の徒j歩より遅い。
 (6A手前の下り坂ではもうあっちゃこっちゃにいったりきたり、初めてトレイルで尻もちつく

・ハンガーノック+未知の距離での疲労(いままでの最長は65kmだしそれはほとんど歩いてるし)
 起因する意識の飛び。途中であわてて特製トレイルミックスは食べて
 ハンガーノック自体は解消したけど。

 6A以降のロードでふらふらしてました。あれオフィシャルに見つかったら即時に
 「勧告」でしたなぁ。

などがあり、少しでも走れたら、いやパワーウォークができたら次の次の8Aまで
は行けたかもしれないけど、それは可能性だけの問題。

なにしろ、普通に歩くより遅い速度となり始め、「低体温症」の文字が頭をよぎったため
通過した6Aに引き戻し、DNF宣言。ゼッケンを返却しました(22時00分)

低体温症についてはもう1枚ソフトシェルを持っていてサバイバルシートも入れていたので
そこまではいかなかったかもしれないけど、怖かったので。

また後日、詳細は書きますけど僕の精一杯をぶつけたこの110km22時間制限の大会。

目をつりあげることなく、淡々とエイドをクリアしながらでもいろんな出会いがありました。

トレランの大会独特だと思うけど、知らない人としゃべくりあいながら時には一緒にペースを
作りながら、抜きつ抜かれつでお互いにエールを送りながら、きれいな景色があちらや後方に
あったら教えたり。

こんなんだから楽しいんだろうなぁ。

 特にスタート後の最初のトイレで出たところでたまたまお会いした女性とはその後関川入ってすぐまでの
 ながーい時間、一緒にさせてもらってペース作らせてもらいました。
 あれがなかったらペース作れなかっただろうなぁ。

 それとTeam Divasの男性1名+女性2名のチーム。
 たしか1A以降、追い越したり追いつかれたりでその度にお互い、ハイテンションで
 「イェーイ」言い合いあって楽しかったです。

 4Aで先行していきましたが、おいらの奇跡の登りでのパワーウォークさく裂で追いついてから
 つり橋まで合計5人で行ったけ。ほんと楽しかったですよ。

そして、リタイヤ後にストーブで暖をとっていたら6Aに来ていたこの大会プロデューサーの石川弘樹さんに

おいらは「ごめんなさい、リタイヤしちゃった。約束守れなかった」と謝りました。

でも石川さんは「いいよ、いいよ。この大会はなくなりはしないんだからまた挑戦してくだいね」

 「リタイヤしたけど、すごく楽しかったです。また来年挑戦します。」

 「うん、ありがと。またいっぱい練習してきてくださいね。」

 おいらと喋ってくれてる間、ずーっと肩をさすってくれてました。

 石川さんの人柄に涙でそうになってたおいらです。

おれだけじゃなく、他のリタイヤした人やエイドにやってきた人に一人ずつ声をかけてました。

この大会にかかわるすべての人に感謝です。

そしてこの大会は過酷ですが多分、いや絶対に日本一の人と人のつながりがる大会です。

 (って完走するにはむちゃくちゃきついですけど!)

 それではこのあと荷物の整理して閉会式いきますわ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ユニクロ・カレンダー
最近の記事
My 本棚
最近のコメント
ビジネス書
最近のトラックバック
プロフィール

健太

Author:健太
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。